般若心経の力

 

合掌礼拝 金剛合掌

 

胸の前で合掌し三礼

 うやうやしく御仏を礼拝し奉る 一返

 

発菩提心(ほつぼだいしん)真言

おんぼうち しった ぼだはやみ 三返

清らかな仏心の蓮華(れんげ)を我が胸中に開かん

 

三昧耶戒(さんまやかい)真言

おんさんまやさとばん 三返

仏性はもとより平等なれば仏と一体になり即身成仏せん

 

 

この経典を、ただ心をこめて読誦すれば、数々の不思議な功徳がある

ー『弘法大師真言宗日用勤行集』より抜粋  ー
ー『弘法大師真言宗日用勤行集』より抜粋 ー

光明(こうみょう)真言

おん あぼきゃべい ろしゃのう まかぼだら

まに はんどま じんばら はらばりたや うん 七返

 

御宝号

南無大師遍照金剛 三返

 

回向文

願わくばこの功徳を以って普く一切に及ぼし

我らと衆生と皆共に仏道を成ぜん 一返

 

 

真言は不思議なり、観誦(かんじゅ)すれば無明(むみょう)を除く。

一字に千理(せんり)を含み、即身(そくしん)に法如(ほうにょ)を証す。

行々(ぎょうぎょう)として円寂(えんじゃく)に至り、去々(ここ)として原初(げんしょ)に入る。

三界(さんがい)は客脚(かくしゃ)のごとし。一心はこれ本居(ほんこ)なり。

我、今至心(ししん)に懺悔(ざんげ)し謹みて般若心経を読誦/写経し奉る。

仰ぎ願わくは、一字(いちじ)一文(いちもん)法界(ほうかい)に遍じ

三世十方(さんぜじっぽう)の諸仏(しょぶつ)に供養し奉らん。

また願わくば衆生(しゅじょう)とともに、一切の罪障(ざいしょう)を消滅して

「 願文 」を成就(じょうじゅ)せしめ給え

乃至法界(ないしほうかい)、平等利益(びょうどうりやく)

 

 

迷いのこの世は、すべてが苦であるという。苦の原因は、あくことのないモノへの執着であり、この世はすべてのものが常に移り変わり、永遠に同じ状態では存在できない。この真実を説いたのが般若心経です。

その真理を「空」で表して凝縮させたものを漢語の266文字で表しています。

 

真理は原点ですが、私たちはご神仏とともにある因や、ご神仏とともにある縁で生かされています。

人が生まれるのには理由があり、その使命を見つけなければいけません。それには常に清らかな精神で毎日を過ごすことが大切です。さすれば潜在能力が開花して、未来ある人生が見えてきます。これが弊所の掲げる開運法です。

帰依堂三輪